イメージ

横浜市のセックスフレンドは、ブラックとのハーフの女の子

僕の仕事の拠点が東京であることから、当然神奈川県の横浜市での仕事は「出張」ではない。日帰り当然メニューだが…時として終電を逃す時もある。もちろんクライアントがホテルを取ってくれる。しかし…ホテルでシャワーを浴び、ビール呑んで寝るには早い時間の時もある。そんな時は決まって出会い系サイトを使って遊び相手を探す。ところで…サイトを良く使う人なら分かるかも知れないが…「メールの返信が遅い」そして「短文」の女の子…大抵は男に多数の返信をさせてポイントを削る、サクラだ。

直メの交換や、顔画像の交換を迫ると…決まって「出来ない」と言ってくる。即「バイバイ」のケースだよね。その時も「ミーシャ」と言う25歳の女の子が、そんな感じで「直アド」を教え、後は直接メールをしようと言うと…30分以上音沙汰が無くなり…「やっぱり」と思っていたら…直メが届いた。理由が判った…「ハーフ」なのだとか…喋るのはOKだが…読み書きが、特に漢字がまだまだ…なのだと言う。画像も嫌がっていたのは…ブラックとのハーフで「好き嫌いがハッキリするから」なのだとか…

その後横浜でデートをしたが、会ってみると確かに肌の色も、顔立ちも…喋らなければ完璧なブラックの女の子だ。正直…抵抗のある男はいるだろう。しかし…長身で、かつ素晴らしくスタイルがイイ。横浜の街中を歩いていても、かなり目立つ子だ。おしゃべりもエッチも好きらしく、積極的だ。「じゃぁ、僕とセックスフレンドになろうよ」と言うと…えらく乗り気だったw 僕とは「話しやすいし、会っていて楽しい」と言う。変わったプレイに興味があるらしく「今度は外でエッチしてみたい」と言うが…真冬の今は…ちょっと…